Tokyo, Japan

Tama city, Ichinomiya

4-5-16

©2019 by Eifer. Proudly created with Wix.com

​この夏、モンゴルの

大自然で自分を見つめ直しませんか?

ネット環境も一切ない大自然。

どこまでも広がる大草原と満点の星空。

朝は家畜の鳴き声で目覚め、遊牧民に会いに馬に乗る。

そんなモンゴルの1週間 ​は、令和元年の最高の思い出になることをお約束します。

リアル遊牧民生活

このキャンプは、観光ツアーやインターンとは違い、リアルな遊牧民生活を行う超実践型体験学習です。 実際に遊牧民の肩に乗馬を3日間かけて習い、大草原を駆け巡り、別の遊牧民を訪ねに行きます。夜はゲルに宿泊します。

 

乳搾りや狩猟体験を通し、命を感じながら日々移動して暮らす遊牧民生活。文字通り「場所にとらわれずに生きる」を経験し、ネット抜きで自然の中で生き抜く経験をします。

星空ワーク

デジタル断食

このキャンプでは「大自然の中で自分自身に向き合う」ということも大きなテーマです。ネット環境がないデジタル断食をしながら、経験豊富なファシリテーターや他のキャンプメンバーと共に、草原に寝そべりながら星を見上げ、語り合います。キャンプ最終日には、自分が本当にやりたいこと何か、人生の目標、自分自身への理解が大きく深まります。

 

就職や転職などキャリアの岐路にいる方には特にオススメです。

​​モンゴル散策

モンゴルは2013年、

 

アジアで1位の経済成長率を誇った国でもあり、今もっともホットな国の1つ。

 

遊牧民キャンプの後、現地の日本語を学んでいる学生と、急成長中の大都市や日本人だけでは行けないスラム街でワーク。

 

大自然を堪能するだけでなく、これから日本とのビジネスも重要になってくるモンゴルのあらゆる側面を見つめましょう。

就職や転職前で「自分の強み」や「やりたいこと」を

じっくり考える時間が欲しい人

大草原で自分を見つめ直し、キャリアや今後の人生で何をやりたいのかじっくりと考えてみませんか?

遊牧民生活で思いっきり自然に触れ、星空の下、経験豊富なファシリテーターやメンバーと対話することで、驚くほど自分についての理解が深まります。

​就職や転職前、冷静に自分を見つめ直したい方に満足度の高いプログラムです。

​​事前・事後研修で学びがさらに深まる

イベント事前研修

チームビルディングワーク、

モンゴル留学生によるモンゴルの知識を深めるワークなど、

現地での学びを最大限にする研修を行います。

​​イベント参加後のフォロー

ネクスト・チンギスハン参加者は、Eiferが行う海外スタディツアー(ミャンマー、フィリピン、深セン、モンゴルなど)の企画運営インターンや起業家・事業家とのコネクション作りや就活サポートなど様々なサービスを受けることができます。

全力で皆様に向き合うスタッフ陣

DSC_9250.jpg

YUKI NOJIRI

​CEO at Eifer.Inc

Eifer代表。


ICU(国際基督教大学)入学後、ドイツ、カナダ、イギリス留学、中国、ベトナムでのインターンを経験。IT企業の外国人人材の就労支援事業の立ち上げの中心となり、モンゴルの大学等と提携に尽力する。その後、「誰もが自分が幸せになれるオプションを複数持ち、それを主体的に選択できる社会を創る」をVisionにEiferを創業。

21世紀の幸せとは、「世界中様々な場所で生きれるという実感」をいかに多く持っているかであるとドイツ留学時代に強く実感し、Twitter新R25のコラム執筆など行う。

KAZUKI FUJIMOTO

​Business Facilitator

教育プログラムデザイナー

 

国立大学医学部に入学後、医療領域で幅広く活動するべく海外ビジネスや医療コンサル等を経験。医療教育において医学知識以外の教育コンテンツ不足に疑問をいだき、複数の教育プログラムを設計・実施。医療学生向けビジネス研修、医療専門職向けポジティヴヘルス研修など。(合計売り上げ760万円程度)6月はオランダ・マーストリヒトでのスタディツアーを行なった。

20190228-Day4 (19).jpg
12249729_1644004055851991_84062403479251

DAICHI SHITO

Team Building Leader


NPO法人旅するエンターテイメント集団LES WORLD(レ・ワールド)代表。

大学3年生を休学して半年間のカナダでのワーキングホーリデー、残り半年で世界一周を経験。帰国後世界一周旅行者のプレゼンコンテストTABIPPO2017WORLD優勝し1700人の前でプレゼン。

震災発生直後に熊本の復興支援団体を創設、1年間復興支援に携割った後、東大生ばかりのスタートアップで1年間ホームレスインターン生をする。その後北九州に移住し、NPO法人LES WORLDを創設。

現在はMAKERS UNIVERSITY4期生に選ばれ東京、北九州、海外のどこかという多拠点生活を送っている。

​オギ

coordinator

秋田大学卒。

新モンゴル学園卒業後、秋田大学へ日本留学。

 

日本語を習得し、日本の大手企業から複数内定を獲得し、5月からTOYOTAのモンゴル支部で勤務。

 

現地では乗馬サポートや通訳、スラム街への案内なども行う。

イベント内容​

​ウランバートル(チンギス・ハン国際空港集合)現地集合

歓迎パーティー

遊牧民生活体験(乗馬練習・ホームステイ)

星空ワーク

現地学生とワーク

ウランバートル市内・スラム街散策

成果発表

​現地解散

現地スタッフ、オギによる

モンゴルの魅力

​みなさんは親日の国というとどの国を思い浮かべますか?

その1つにモンゴル国があります。

日本ではあまり知られていませんが、東日本大震災の際にモンゴルの国家公務員全員が給与1日分を

義援金として寄付するなど、日本との関係が良好なモンゴル。

近年のめまぐるしい経済成長と、昔から変わらぬ遊牧民の魂。

モンゴルの大草原で過ごす8日間は、世界で生き抜く力強さと経済発展する国の空気を感じることが

できます。

 

参加者のみ、次回のスタディツアーの

​キャンプリーダーに

キャンプ参加後、希望者は

Eiferのもつリソースを使いキャンプリーダになる

ことができます。

モンゴルだけでなく、

ウクライナ・ザンビア・チリ・ペルーなど

の企画リーダーになり、ツアー作りを通して、

国を開拓していくことができます。

誰もが幸せオプションを複数持ち、選択しながら生きれる社会を創る。

Eiferは主に2つの事業を展開しています。

海外体験ワークショップ
日本で働きたい・留学したい人向けの教育・就労支援事業

上記2事業を通して、誰もが幸せオプションを複数持ち、選択しながら生きれる社会を創っていきます。

Eiferが提供する

3つの自信

私たちは、グローバル人材とは英語ができたり、海外経験が豊富な人材ではなく

 

・海外を何とか生き抜いた経験がある

~英語がたとえできなくても、何とか生きていけるし、英語圏以外でも生活できる自信がある~

 

・深い自己理解がある

~自分はどういう人間で、何に興味を持ち、どういう分野で力を発揮できるか知っているため、どこでも挑戦ができる~

 

・異文化の人と共創して成果を出せる

~文化の違う人々と共に成果を出せるため、どんなチームであろうが、世界中の人と共創していける~

 

上記3つの力だと考えており、その力を兼ね備えている

人材を育てていきます。

よくあるご質問

​​Q. 英語が話せませんが、大丈夫ですか?

A. 問題ありません。
英語ができない方でも、海外挑戦のきっかけをえれると我々は考えています。もちろん現地学生は日本語を話せる人は少ないので、ボディランゲージなどの意思疎通を図るなどの工夫は必要です。

​​Q. 安全管理は大丈夫でしょうか?

A. 問題ありません。
海外経験豊富なメンターと、日本語の話せるモンゴル人現地スタッフも常に同行します。乗馬中もスタッフが車で並走するなど、安全管理を怠りません。

Q. プログラム費用以外に発生する費用は何ですか?

A. 航空券、現地での食費、宿泊、観光費用、保険料などがかかります。

​​Q. モンゴルの気候はどの様なものですか?

A. 平均最高気温は25度ほどです。

​テント宿泊の際、

朝方は冷えることもあるので、防寒具も必要です。

お申し込み前の

面談フォーム

参加前に、弊社スタッフと無料相談することで疑問・不安が解消いたします。

​まずはお気軽にフォームからお問い合わせください。

定員:10名

締め切り:5/31

​定員に早くために達することが予想されますので、

早めにお申し込みください。